麻雀の点数計算の仕方

親が上がった際は子よりも1.5倍の点数を得られる

麻雀の点数計算の仕方は親と子で異なるところが特徴的です。
親とは麻雀をするうえで回ってくる役割で、東の方位に座る人を指しています。

他の方位に座っている人を子と呼び、合計4人でプレーして遊んでいくのが一般的です。
このルールの独特な特徴は親が上がった際は子よりも1.5倍の点数を得られる事であります。

例えば麻雀では役の難易度を翻と呼んでおり、その中で最も簡単な役の呼び方は1翻です。
1翻は点数に置き換えると1000点ですが、親であれば1500点になります。

これは全ての上がりに適用されていて難易度が非常に高いとされている13翻以上もとい役満では子は32000点、親は48000点です。
すなわち親になれば点数が倍になるわけですが、勿論デメリットもあります。

それは子に上がられたら負担を背負わなくてはならない事です。

ロンとツモという2種類の上がり方がある

麻雀では牌を集めて役を作って完成させる事を上がりと言います。
上がりにはロンとツモという2種類の上がり方がありますが、それぞれが持つ意味合いが点数を左右させるのは麻雀をするうえで学ばなくてはならない基本です。

ロンは相手が捨てた牌で完成した役で、ツモは自分の引いた牌で完成した役となります。
これがどのように左右するかと言えば、例えば親が満貫をツモでつくった際は通常は8000点であるものの、倍になるので12000点になるものです。

そのため負けた3人はそれぞれ4000点を負担しなければなりませんが、満貫をツモでつくったのが子であった場合は残りの子である2人は負担する点数が2000点になります。
残りの4000点は親が負担しなければなりません。

ロンも同様で、捨ててしまった牌を所持していたのが子であれば親はその子から点数を獲得できますが逆もしかりです。
ちなみにロンの場合は他の2人が所持している点数に変動はありません。

メリットだけではなく、デメリットもありますが全体的にはメリットに分があるとされています。
いずれにしても親と子の関係は点数計算に欠かせない要素です。

役によっての点数の違いについて

その点数計算に欠かせないもう1つの要素が役であります。
先述しているように役とは特定の組み合わせがされた牌で、ポーカーで例えるならストレートフラッシュやフォーカードなどに当てはまるものです。

そうした特定の牌は難易度が定められており、その難易度が高ければ高いほど高い点数を稼げます。
難易度の呼び方は翻だと先述しましたが、基本的に1翻から3翻まではそのままの呼び方です。

1翻から3翻までの難しさは簡単から少し難しい程度であります。
とはいえ難易度の高さがそのまま呼び方に繋がるわけでもないです。

プレーするひとたちの中にはこれらを複数つくってコンボを決め、点数を稼ぐ人も数多くいます。
例えば1翻を3つ作った場合は3翻と呼ぶ事もあるので要注意です。

そして4翻以降には満貫や跳満など既定の名称で呼ばれるのが一般的と言えます。
具体的には4翻から5翻である満貫は子なら8000点、親ならプラス12000点です。

その1つ上の6翻から7翻である跳満は12000点と18000点となっています。
この調子は次の8翻から10翻の倍満でも続いていき、役満では32000点48000点になるわけです。

麻雀の点数計算は少々複雑なものの、親と子の関係と役に振り分けられた点数を覚えておけばプレーに問題はありません。
問題があるとするならルールに状況を適応できるかに尽きます。

何度も繰り返しているように親や子に振り分けられる点数の差異や複数の役によるコンボなどで得られる点数を計算しなくてはなりません。
それをきちんとできるかどうかによってプレーを順調に進める事ができるか決まります。