賭けて遊べるDORA麻雀

DORA麻雀とは

日本でも古くから親しまれてきた麻雀ですが、法律を厳守してプレイする際には賭け事にすることができません。
基本は普通の卓上型ゲームとして遊ぶことに限定されていますが、その実態は家族間や友人間などで賭けをしている方が存在していることも事実です。

グレーからブラック的な内容と言っても過言ではありませんが、正式に賭け事として遊ぶことを希望する方が多いことは実情です。
このような夢を叶えられるものがあり、DORA麻雀というものを国内でも利用できます。

こちら・・・ネット麻雀で賭けるならDORA麻雀

雀荘などとして運営をしているものではなく、DORA麻雀はオンライン上で遊ぶものです。
海外の企業がオンラインカジノの分野でライセンスを正式に取得しているゲームで、既に一般的に知られるようになったオンラインカジノと仕組みは一緒です。

DORA麻雀は最初に会員登録をする必要があり、他のオンラインカジノと違いはありません。
住所氏名や、連絡先、メールアドレスやパスワードなどお決まりの内容になるので手間を感じてしまうこともなく、スムーズに会員登録できます。

また、入金用として対応しているクレジットカードの情報を提供することも必要で、同じように対応しているオンラインの口座も開設することが必要です。
その後はDORA麻雀のソフトをパソコンにダウンロードすることになり、インストールが終わったら直ぐに遊べる仕組みです。

無料で遊べる練習モードから始めること

最初におすすめになることがあり、ゲームをいきなり始めるのではなく、無料で遊べる練習モードから始めることです。
クリックなどの操作性や他の作動状況、独自のルール設定もあるので、この練習を積み重ねて万全な体勢で挑むことが失敗を減らすにはかなり重要です。

正式なゲームであっても無料で参加することは可能ですが、DORA麻雀の最大の魅力は賭けて遊べることに尽きます。
初めはレートで不安に感じてしまうことも想定できますが、このゲームは1ドル程度からのレートでも参加可能な卓が用意されているので、慣れを感じるまでは低めのレートで遊ぶことも良い方法ではないでしょうか。

大きく勝ちたい場合では、それなりのレートの卓を利用することになりますが、この時点で負け込んでしまった時には後から高額な請求額が来てしまうのでは?と心配に感じることも想像できます。

この内容も見事にクリアしていて、麻雀の卓を選ぶ際には賭けることができるレートの他、最大支払額も分かりやすく提示しているので何ら問題はありません。最大のレートは300ドル台の卓があり、勝負をするには十分に楽しめる要素があると考えることができます。

負けてしまった方に対しては場所代は一切掛からない

これまで国内で雀荘などを利用してきた方のケースでは、場所代が気になってしまうこともあるでしょう。
この点についてはDORA麻雀でも例外ではありません。

場所代については確かに経費として必要とされているのですが、このゲームでは負けてしまった方に対しては場所代は一切掛かりません。
逆に勝ち金によって違いがありますが、勝った方に対しては10%から15%程度の場所代を設定しているので負担に感じてしまうことは無いものと考えられます。

出金と入金についての除法は対応する口座に一旦サイト側から入金することが基本です。
この口座はオンライン上のみで使えるものですが、入金後には利用者が所有している銀行口座などに振込みをすることができるので、現金化する時に困ってしまうことがありません。

麻雀を得意にしている人から、これから始めようとしている人でも賭けて遊べるゲーム内容になるので、実益を兼ねた遊戯として満喫できるのではないでしょうか。

最も便利なシステムとして挙げることができるのは、最初からレートを決めることができ、多額の資金を失ってしまうことが無いように工夫をしているので、堅実に遊べるオンラインカジノと考えることができるでしょう。